学校が問う志望動機

学校の志望動機について

中学校1年希望高校志望動機調査

中学校1年生に入学するのと同時に、高校への進学希望調査や希望高校の志望動機を聞かれる用紙が配布されます。現代の中学生は高校へ進学するのが当たり前の世の中になってきていますので、まだ中学1年生だからと考えるのではなく学校側も、もう中学1年生だからと考えているようです。小学生のうちに近郊にはどの様な高校があるのか、自分の子どもの学力はどの程度でどの高校に適しているのか、子どもが将来どの様な生活を希望しているのか等を、子どもが中学に入って困らないように、早い段階でお子さんと話し合っておく事も大切のようです。

高等学校受験の志望動機について

高等学校を受けるときには学力試験もありますが、面接もあるところがほとんどです。面接の時に必ず聞かれるのは志望動機になります。この内容は、単に学校が家から近いからとか偏差値がちょうど良かったというのはマイナス評価される可能性があります。例えば、偏差値がちょうどいい高校はその高校以外にもあるはずですし、家から場所が近い高校はその高校でなくてもあるからです。では、どのような志望動機がいいでしょうか。それはその高校の校風が自分に合っているとか、高校での活動が面白そうだったからというように、その高校でないとダメだと言うことが言えればいいでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校の種類とはなにか. All rights reserved.