学校侵入警備対策

学校の侵入者への対策とは

学校の不審者対応について

近年、ニュースで学校に侵入した不審者が起こした事件がたまに報道されます。学校の不審者対応の実態について説明します。以前は大学生のアルバイトなどで警備員を雇って、人による夜間警備をしていました。しかし、最近では警備会社のサービスが充実し、機械警備が普及しました。校舎内にはあちこちの天井にセンサーが設置されており、どこに人がいるのかがわかるようになっています。最後に出る職員が機械警備をかけて帰宅するようになっています。仮に不審者が侵入した場合は、即座に警報が鳴り響き、警備会社から誤作動かどうかの異常の確認の電話が入ります。

学校への侵入者を防ぐ方法

学校へ部外者の侵入を防ぐ方法についてはさまざま手段が採用されています。最も一般的なのは夜間の防犯のためのセキュリティシステムの導入です。最後に出る職員がシステムを作動させると、後は自動的に機械警備が行われるために、全国の小~高校まで幅広く普及しています。しかし日中は学校が開放されているために、悪意のある侵入者を防ぐためには人の力が必要です。一般的には職員や保護者などの来訪者が、誰の目でも識別できるようにIDカードを着用するという方法がとられています。また、不審な者には声をかけるなどの日頃からの訓練が行われており、防犯意識の向上が図られています。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校の種類とはなにか. All rights reserved.